トップページ > 健診のご案内 経鼻内視鏡検査
検診のご案内

経鼻内視鏡検査

鼻からの胃内視鏡検査
経鼻内視鏡検査の特徴

 胃の検査につきましては基本的に胃カメラを実施しております。 胃カメラの種類は従来の経口内視鏡(口から) 新しい手法の経鼻内視鏡(鼻から)があります。 胃の内視鏡検査は、口からだけでなく『鼻』からも行えます。 鼻から行う内視鏡検査にはこんな特徴があります。


経鼻内視鏡検査の利点

1. 内視鏡カメラは鼻にスムーズに挿入できる4.9mm(世界で最も細い)の細さになり従来の内視鏡と比べて大幅に細くなりました。

2. 今まで口からの内視鏡検査は舌の付け根に触れる為に吐き気「おえっ」がおこっていましたが、鼻からの場合、舌の付け根を通らないので吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

3. 舌を圧迫しないので検査中も会話が可能なため、医師へ質問することも可能です。

4. 麻酔が鼻だけで、のどの麻酔もいらないため検査後も早く食事をすることが可能です。

【注意点・デメリット】
・内視鏡カメラが細い為、治療(出血の止血や、腫瘍摘出)には向かない。
・検査や麻酔にやや時間がかかる。
・鼻の小さい方は挿入ができない。
・鼻出血を起こすことがある。

経鼻内視鏡検査

内視鏡による感染の対策
胃潰瘍の多くはピロリ菌による感染症!
内視鏡消毒装置を導入しました

最近、ヘリコバクターピロリ菌や一般細菌の内視鏡介在感染が問題となっています。
これらの内視鏡介在感染を防止する為、内視鏡消毒装置を導入致しました。
当院では、清潔な内視鏡での検査を心がけています。