部門のご案内

薬剤部

薬剤部の紹介

 病気の治療に欠かすことのできない「薬」、
患者さまにとって安全で効果的な薬物治療を支えているのが病院薬剤師です。「薬」は正しく使って初めて有効で安全なものになります。
日々更新される「薬」についての情報を正確に収集管理することに努めています。
お薬お渡し窓口では、お薬の説明や疑問にお答えできるような体制をとっていますので、お気軽にご相談ください。


業務内容
調剤業務

 患者さまに処方された薬の内容(薬の量・飲み方)や他科・他病医院の薬との重複がないかの確認をコンピューターでチェックをして、疑問があれば医師に問い合わせを行い、安心してお薬を飲んでいただけるよう調剤し、お渡ししています。


医薬品情報管理業務(DI業務)

 薬に関する情報を収集、整理、保管、共有、評価し、医師・看護師など医療従事者へ提供し、より質の高い薬物治療が行えるようサポートしています。


薬剤管理指導業務

 入院患者さまの持参薬情報を収集し、処方薬との重複がないか等をチェックした上で、必要に応じて薬の説明を行います。継続して、薬による副作用・相互作用(飲み合わせ)などの安全面のチェックも行い、患者さまが安心して納得して薬を飲んでいただけるように努めています。


製剤業務

 各医師より要望のある市販されていない製剤や、消毒剤等を調製しています。
新病院では、無菌製剤室が設置されるため、抗がん剤や高カロリー輸液の無菌的な調剤を行う予定です。


薬品管理業務

 病院内で使用される医薬品を温度や使用期限に注意して保存し、無駄なく円滑に供給できるように管理しています。


チーム医療

 NSTおよび緩和ケアにおいて、院内のチームの一員として薬剤師も参加しています。
どちらにおいても、薬物療法の専門家としてチーム医療に貢献できるよう努めています。


治験業務

 プロトコールが遵守されるように、患者さまと医師、製薬メーカーに協力します。


職員体制

 薬剤部は、平成27年4月1日現在、薬剤師9名、補助員7名が在籍しています。
患者さまにより良い医療を提供するため日々自己研修に励んでいます。
また、毎週火曜日は製薬メーカーによる勉強会、水曜日には薬剤部内での医薬品情報報告や情報交換を行っています。


お問合せ

薬剤部
電話:0957-36-0015(代) FAX:0957-36-7071(直通)   
E-mail:ainophar@ainomhp.jp