検診のご案内

NST(Nutrition Support Team)

NSTとは

  Nutrition Support Team(栄養支援チーム)の頭文字を取った略称のことで、患者様の栄養状態の把握とその評価を病院で働くスタッフ全員で行い、それを是正し、病気からの早期回復または維持ができるように支援していくチーム医療のことを言います。
 


栄養と病気とのかかわり

 ~なぜ病気を治すのに薬のみではなく、栄養が必要なのか?~
  私たちは食事をすることによって糖質(炭水化物)、蛋白質、脂質の三大栄要素を含めて、ビタミン・ミネラル(電解質、微量元素)などの栄養素を摂取しています。 しかし、栄養の効果は薬の効果や褥瘡の治癒過程と比べると、目に見えた変化が出るまでに時間がかかるため目立たなくなりがちです。
では栄養が足りなくなったらどうなるのでしょうか?
  「すべての病気を治せる薬はないが、栄養はすべての病気に効く」という言葉があります。
栄養管理はすべての疾患治療の上で共通する基本選択肢であり、不適切な栄養管理をすると、いかなる治療法も効力を失ってしまいます。


NSTにおいてどのような職種がどのように機能するのか?

主に下記の内容で各職種が専門分野の知識と技術を持ち寄ってNST活動を行っています。

1 看護部 患者様の状態・経過報告
2 リハビリテーション部 PT・OT・STより機能状態報告、リハ内容・経過・計画
3 MSW 入院前情報(自宅・施設)、退院後の予定
4 検査科 検査データの評価、身体計測値報告
5 薬剤部 輸液、内服薬情報報告、輸液成分表作成
6 栄養科 食事内容(摂食状況)等報告、栄養アセスメント
7 Dr 以上に対してのコメント、総括

具体的な栄養管理

 担当管理栄養士がスクリーニングの段階で栄養状態に問題ありと判断した場合、NST専従者とNST介入の必要性を検討します。また、栄養管理を行っていく中で、食事摂取量が3日間連続で1/2量以下の方もNST介入の是非を検討しています。
 NST介入はNST専従者が中心となって検討しており、まずBチーム(専従の管理栄養士、専任の医師・看護師・薬剤師の4名から成るチーム)へ介入します。回診を行っていく中で難渋症例はAチーム(専従の管理栄養士、専任の医師・看護師・薬剤師の他、リハビリ、MSW、検査技師、介護士から成るチーム)へ移行し、ミーティング及び回診を行います。

1)NSTミーティング及び回診                              
●Aチーム 毎週金曜日午後                           
ミーティングのなかで各職種が順に症例についてプレゼンテーションを行い、現症の把握と評価を全員で行った後、回診を行っています。
・新しい経腸栄養剤・輸液の紹介、栄養補助食品の試飲や試食も行っています。
    
●Bチーム 月曜日~金曜日午後                       
カルテなどをもとに、ミーティング・回診を一度に行なっています。



2)グループワーク活動
                             
NSTでは摂食嚥下障害チーム、褥瘡対策チーム、PEGチームの3つのチーム(グループ)を編成し、活動を行っています。


どのような成果が期待できるのか?

 NSTを行うことによって、各スタッフが個々の患者様の栄養状態や全身状態が把握できるようになり、専門性を生かした効果的な栄養管理で疾患の回復に寄与できます。
経済面でも平均入院日数の短縮や褥瘡患者数の減少及び中心静脈栄養にとって変わった経腸栄養により医療費の削減等の成果が期待できます。


今後どのように展開していくのか?

 NSTの活動を院内のみに留めるのではなく、今後は他施設や地域包括支援センターとの連携を充実させ、退院後も栄養療法が継続できるよう展開させていきたいと思っております。
2006年9月にはNST外来(毎週水曜、15時30分~)を開設致しました。在宅や施設における栄養療法(経管栄養・経静脈栄養)についての相談に応じたり、指導を行っております。
また、地域の医療機関や施設などと情報交換を行い、連携の充実を図る事を目的とした島原半島NST研究会を2014年に発足しました。年に1回開催し、約100人近く参加頂いています。


NST認定証