トップページ部門のご案内 > リハビリテーション部
部門のご案内

リハビリテーション部

各部のご案内
言語療法(ST)

 脳血管傷害や頭部外傷などによる「ことばの障害」(言いたいことがあるのにことばを想い出せない失語症、呂律がまわらなくなる構音障害)や嚥下障害(食べたり、飲んだりすることが難しくなる)などに対して検査、訓練を行います。
また、お子様のことばの遅れ(なかなかしゃべらない、発音が聞き取りにくい、落ち着きがない、読み書きが難しいなど)にも対応しています。


理学療法(PT)

 主に整形・内科疾患によって障害をきたした患者さんに対して、基本的動作能力の回復を図り、関節可動域の改善、筋力の増強、歩行訓練、電気・温熱などの物理療法により障害に応じて多目的の運動療法を行っています。
また、スポーツ現場でのメディカルサポートや外反母趾、靴ずれでのお悩みの方に対して“足と靴の相談”なども行っています。

●足と靴の相談窓口 詳しくはこちら

●腰痛教室のご案内 詳しくはこちら


作業療法(OT)

 脳血管疾患、肺炎、がん、認知症など様々な患者様に対して今後の生活を見すえ、身の回り動作の再獲得、介助量の軽減などを目的として、動作指導、訓練を行っています。また、必要に応じて環境設定や福祉用具、自助具などの提案・提供も行います。
他に、趣味活動等の作業活動を用いて、楽しむ機会を提供し、生活の質の向上にも努めています。


OT(ハンドセラピィ)

 当院のハンドセラピィ部門は、日本ハンドセラピィ学会公認の「認定ハンドセラピスト」や日本作業療法士協会公認の、「手外科専門作業療法士」および「認定作業療法士」が在籍し、全国でも有数のハンドセラピィ施設となっており、6名のハンドセラピストで骨折・腱損傷・末梢神経障害など様々な手の疾患を対象に対して専門的なリハビリを行なっております。