平成29年度 医療法人 伴帥会 愛野記念 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 18 97 52 107 153 381 609 677 908 354
当院は整形外科、外科、内科、呼吸器内科、循環器内科、リウマチ科、脳神経外科、形成外科等を中心に地域の中核病院としての役割を担っています。
幅広い年齢層の患者様にご利用いただいていますが、地域の高齢化もあり、構成としては60歳以上の割合が75.9%を占める状況です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 11 48.00 20.83 0.00% 87.55
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 9 35.89 17.71 0.00% 93.11
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病_なし 8 48.88 12.34 12.50% 87.50
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)  処置等2_なし 7 40.86 19.01 14.29% 89.86
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 4 11.50 5.15 0.00% 63.25
地域の高齢化に伴い、高齢者の誤嚥性肺炎や慢性心不全の急性増悪での入院が多くを占めています。さらに、高齢者では種々の合併症があり、原疾患が軽快しても摂食障害や廃用症候群により入院日数が長くなる傾向にあります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎  処置等2_なし 23 8.09 5.50 0.00% 52.39
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病_なし 16 22.00 12.34 6.25% 81.63
060335xx99x00x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 14 14.21 10.91 7.14% 72.36
070040xx99x0xx 骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 手術なし 処置等2_なし 14 44.21 12.63 14.29% 65.64
060020xx99x00x 胃の悪性腫瘍 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 12 18.75 11.11 8.33% 77.67
当科では、消化器疾患(消化器癌などの悪性疾患、胆石症や鼡径ヘルニア、痔核などの良性疾患、虫垂炎や腹膜炎、腸閉塞などの緊急手術を要する疾患)に対する診療だけではなく、救急患者の対応や緩和医療、検診業務など、幅広く診療を行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070160xx01xxxx 上肢末梢神経麻痺 手根管開放手術等 242 13.26 5.51 0.83% 65.86
070080xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢) 手術あり 230 2.77 8.20 0.00% 63.49
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 98 49.63 27.09 44.90% 85.86
070200xxxxxxxx 手関節症(変形性を含む。) 92 19.67 8.72 0.00% 61.82
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病_なし 64 35.98 19.94 20.31% 78.47
当院は手外科症例が圧倒的に多く、最も症例数が多い診断群分類が、手根管症候群に代表される Entrapment neuropathyの末梢神経障害の症例です。重症例が多く、例えば手根管症候群による母指対立障害に対する対立再建術も多く施行されており、ハンドセラピストによる専門的なリハビリに時間を要するため入院が長期化しています。次いで腱鞘炎、滑膜炎の手術例が多く全国平均より半分以下の入院期間での治療成績となっています。
大腿骨近位部骨折も高齢者に多い骨折で、そのほとんどが手術を行い早期にリハビリテーションを行って早期退院を目指していますが、合併症の治療が加わり、入院が長期化する傾向にあります。
当院での手関節症は大部分が拇指CM関節症で手術を行った症例で、術後のリハビリに時間を要するため入院期間がやや長くなっていると思われます。
地域的に、高齢者で、骨粗鬆症に起因する胸腰椎圧迫骨折による入院例も多く、手術を行って早期離床、退院を促していますが、保存的療法となる例が多く入院期間が長期化しています。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070010xx970xxx 骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) その他の手術あり 処置等1_なし 26 1.50 4.86 0.00% 54.58
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 処置等1_なし 15 1.40 4.14 0.00% 62.40
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 処置等2_なし 7 2.43 8.50 0.00% 85.43
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 3 25.67 11.73 0.00% 83.00
160660xxxx0xxx 皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創  処置等1_なし 3 4.33 10.25 0.00% 79.33
皮膚・皮下の腫瘍、熱傷等の症例が多く入院しています。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 70 30.13 20.83 7.14% 85.81
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病_なし 27 21.96 12.34 3.70% 85.67
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 処置等1_あり 処置等2_なし 16 1.94 3.59 0.00% 71.44
0400801499x001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 重症度等_A-DROP スコア1 14 21.57 13.51 7.14% 82.64
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 重症度等_A-DROP スコア2 13 21.23 15.12 15.38% 82.92
高齢者による肺炎が多くを占めます。特に誤嚥性肺炎と思われる症例が多く、嚥下機能回復などのリハビリを行っていますが、抗菌薬終了後の再燃などもあり、入院期間の延長の原因となっています。
また、肺癌に関しては、気管支鏡検査などの診療目的の検査入院も多い為、平均在院日数は短期間となっています。1-2週間の初回化学療法も行っています。
この他、自然気胸、胸膜炎、間質性肺炎、慢性閉塞性肺疾患(肺気腫等)の入院もあります。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050130xx99000x 心不全 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 49 35.67 17.71 16.33% 85.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 14 39.21 20.83 14.29% 86.00
050070xx99000x 頻脈性不整脈 手術なし 処置等1_なし 処置等2_なし 定義副傷病_なし 11 18.73 7.71 18.18% 73.82
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病_なし 7 38.00 12.34 0.00% 83.57
180010x0xxx0xx 敗血症(1歳以上)  処置等2_なし 6 27.83 19.01 33.33% 92.00
高齢者心疾患の急性期・亜急性期の管理治療、リハビリテーションを実施しており、連合弁膜症による心不全、狭心症等の虚血性心疾患、血管病を中心に診療しています。
感染症(肺炎・尿路感染症)を契機とした心不全悪化症例も多く、心疾患治療を中核に、総合内科的診療を行っています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 0 0 2 3 25 1 7
大腸癌 2 2 3 1 12 34 2 7
乳癌 0 0 0 0 1 0 1 7
肺癌 1 0 0 0 19 19 1 7
肝癌 0 0 0 0 0 4 2 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
肺癌については、疑い例に対して診断を確定するための気管支内視鏡を行っており、その時点では臨床病期は不明であるため「不明」例が多くなっています。また「再発」が多いのは手術後のリハビリや化学療法、放射線治療後の化学療法が多いためと考えます。
胃癌や大腸癌についても同様であると思われます。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 13 11.69 60.38
中等症 83 24.84 82.33
重症 13 57.92 85.92
超重症 12 25.50 83.42
不明 - - -
入院対象は高齢者が多く、中等症が3/4を占めますが、誤嚥性などで抗菌薬が当初から奏功しない例や改善後すぐに再燃する例も多いものと考えます。重症例は2割程度ですが、さらに高齢者で在院日数は延長傾向となっています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 33 45.21 84.36 15.15%
その他 36 42.19 83.75 19.44%
急性期の脳卒中診療に加え、亜急性期のリハビリ等での受け入れを行っています。
地域性として高齢の患者さんが多くなっており、在院日数の長期化の要因となっています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 EMR(長径2cm未満) 33 0.03 1.03 0.00% 61.45
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 20 0.40 5.30 5.00% 68.95
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 17 0.24 6.24 0.00% 61.76
K635 胸水・腹水濾過濃縮再静注法 8 11.13 23.88 0.00% 74.13
K664 胃瘻造設術 8 44.25 38.00 50.00% 88.50
1年間に約80件の全身麻酔下での手術を行っており、殆どが腹腔鏡下手術で、ヘルニア、虫垂切除術、胆嚢摘出術などの良性疾患だけでなく、胃癌や大腸癌に対しても腹腔鏡下に手術を行っています。また、その他として、切除が困難な胃・大腸癌に対するステント留置術や、胃瘻造設術、中心静脈ポート留置術等も行っております。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K035-2 腱滑膜切除術 160 0.01 2.14 0.00% 65.05
K1882 神経剥離術 (その他のもの) 127 0.22 7.75 1.57% 67.94
K197 神経移行術 113 0.17 17.79 0.88% 63.28
K0461 骨折観血的手術(大腿) 68 2.75 42.32 38.24% 82.28
K028 腱鞘切開術(指) 62 0.56 0.60 0.00% 60.26
整形外科では手外科症例が圧倒的に多く、ほとんどが、予定入院で、入院当日に手術を行い、術後は、重症例では専門的なハンドセラピストによるリハビリテーションを行っています。
高齢者に多い大腿骨の骨折観血手術は術後早期にリハビリを行っていますが、高齢者で複数の診療科の合併症の治療もあり長期入院を必要とする症例もあります。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0051 皮膚腫瘍摘出術(露出部)(2cm未満) 19 0.00 0.21 0.00% 54.11
K0061 皮下腫瘍摘出術 (露出部以外)(長径3cm未満) 9 0.00 0.00 0.00% 58.44
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切開) 7 0.43 1.00 0.00% 85.43
K0052 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径2cm以上4cm未満) 5 0.20 1.20 0.00% 68.20
K0053 皮下腫瘍摘出術 (露出部)(長径4cm以上) 4 0.25 0.50 0.00% 65.50
皮膚、皮下の腫瘍に対する手術が多くみられます。
悪性腫瘍に対しては広範囲摘出術と皮弁形成術による再建術を行っています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 24 0.72%
180010 敗血症 同一 20 0.60%
異なる 39 1.16%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 - -
異なる - -
播種性血管内凝固症候群や敗血症は致死率の高い重症合併症であり、急性期医療を担う医療機関では一定程度発生します。
播種性血管内凝固症候群を医療資源病名とする場合、原因となる基礎疾患とDIC診断基準によるスコアにより決定しています。
更新履歴
2018/09/27
平成29年度の病院指標を公開しました。